2020年3月31日、美山漁協管内、神崎川下流、釣行。

天気予報では曇り、微風、釣りには上天気なので釣行しましたが現地では霧雨がしとしと、釣り終えるまで降っていました。最初は片狩堰堤下に入りましたが最初に釣れたのは15センチ以下のチビ助。当然ながら放流です。その後、あぶらハエ2匹、カジカ2匹と不調です。当たりが無いので下流のコテージ下に移動しました。ここも食いが渋く、20センチを2匹しか釣れませんでした。仕方なく漁協前に移動しました。淵尻で黒い魚がエサを追ってきて掛かりました。見て釣るのも面白い物です。淵横の浅瀬で2匹を追加。瀬頭で2匹のここでは5匹が釣れました。もう一度、片狩堰堤下に移動しました。ここで3匹を追加して、何とか「つ抜け」の10匹で本日終了です。
今日は綺麗なアマゴ5匹と半シラメ5匹でした。
2020年3月31日釣果1.jpg
2020年3月31日釣果2.jpg

2020年3月29日、美山漁協管内、神崎川下流、釣行。

今日は美山漁協管内、神崎川下流の今年最後の成魚放流です。釣り仲間3人と一緒の釣行です。先々週に入った片狩堰堤下に行きましたが既に先客がいました。少し下がったところで4人が並んで入る場所が空いていました。ここに釣り座を構えて焚火で暖を取ります。6時には止むはずの雨がしとしと降っています。少し明るくなったところで居残りを探すといました。7ヒットで4匹ゲットしました。1匹は0.175のハリスを切っていきました。16cmから18cmのチビ助を釣り仲間が「天ぷら用」に欲しいというので譲渡しました。今日は雨の為か釣り人が少ないようで一人にバケツ1杯の要領で放流して頂きました。本日の大物賞は25.5cmの綺麗なアマゴでした。
2020年3月29日大物賞.jpg
これを含めて本日の釣果は32匹でした。美山漁協管内自慢の綺麗なアマゴが釣れました。
2020年3月29日釣果1.jpg
2020年3月29日釣果2.jpg
2020年3月29日釣果3.jpg
2020年3月29日釣果4.jpg
2020年3月29日釣果5.jpg

2020年3月27日、ゴルフ。

今日は所属クラブのシニアレディース競技に出ました。生憎の雨模様でコーヒーを飲みながらスタートするか相談とのことでゴルフ場に出かけました。昨日の予想では雨は本降りとのことでしたが予報は弱い雨とのことでスタートしました。支障になるほどの雨ではありませんが腕の方がイマイチでアウト45、イン48のグロス93。相変わらずのシャンク病で肝心なところで出てしまう。左肩の50肩が治るまでは暫くかかりそうです。

2020年3月25日、美山漁協管内、神崎川上流、釣行。

天気が良くなるようなので釣行しました。神崎川上流の円原川に最初入りました。子供釣場の淵に最初入り24cmクラスのアマゴをゲット。あとが続かずに橋の上流に移動。淵の流れ込みでアマゴのチビ助が釣れたがサイズ以下なので放流。下の弛みで痛恨のバラシ「ハリス0.15切れ」その後、21cmクラスの半シラをゲット。上流の淵の流れ込みで23cmのアマゴをゲット。更にその上の瀬の中で痛恨のバラシ2連発。一匹は「ハリス0.175切れ」少し下がり流れ込みで本日の大物賞26cmのアマゴが釣れた。ハリス0.15なので慎重に寄せてタモの中に。日が差し底が丸見えの為移動。神崎川上流部の鉱山前の小さな淵で21cmのアマゴゲット。橋の下の小さな落ち込みで痛恨のバラシ、2度と食ってこなかった。更に下流でチビ助が釣れた。これは何とか収納サイズの16cm。伊往戸の人家前の淵でマタマタ痛恨のハリス切れ0.15、その後21cmのアマゴを釣って本日は終了。本日の釣果は7匹でした。痛恨のバラシを数えれば「つ抜け」出来たのに・・・・・。反省します。
3月25日大物賞.jpg
3月25日釣果.jpg

2020年3月22日、美山漁協管内、神崎川上流、釣行。

今日は神崎川上流域の成魚放流です。先々週は円原川に入れなかったので少し早めに自宅を出て、友人3人と4人での釣行です。湧水地上のポイントに何とか4人が入れました。放流は9時40分過ぎになりました。ホースから流れる魚の数が少ない・・・。2人いましたがあまり釣れないので一人は下流に移動してしまいました。ハリスを細くして何とか「つ抜け」の14匹でした。内6匹がアマゴで残りの8匹は半シラメでした。
段々と大きさがマチマチになってきた感じです。大きいのは24cmクラス。小さいのは18cm位かな?
3月22日釣果1.jpg
3厚22日釣果2.jpg
まあ、食べる分には小さい方が美味しいのです!

2020年3月20日、馬瀬川上流、釣行。

馬瀬川上流の放流に行ってきました。友人は予定があり私一人です。現地に着くも雪が降って来ました。寒いので車中からパチリもうまく映っていません。
3月20日雪.jpg
雪がみぞれに変わり、川に降り立つと去年より浅くなっていてポイントが解りません。
何とか良さそうな場所を見つけましたが此処はあまり釣った記憶がありません。
こんな場所。
3月20日ポイント.jpg
本日の釣果は4匹だけ。
3月20日釣果.jpg
周りの人もあまり釣っていません。多い人で7匹とのこと。
雨に変わり、風も出てきたので寒くて心が折れました。
上呂に行って「とんちゃん」を食べて帰りました。

2020年3月17日、美山漁協管内、神崎川下流、釣行。

15日放流の残りを釣りに釣行しました。何時も釣れない堰堤下の深場を攻めるため、暗いうちに準備し、目印が見えるか見えないかの朝マズメで攻めました。狙い通り5匹をゲットしました。夜が明けて川の中が透けて見える様になると魚も食いが遠くなりました。下流に場所移動し浅場で10匹をゲット。朝日が昇り日差しが川に当たると食い渋り場所移動。コテージ下で1匹を追加し本日終了。
今日は仲良く、アマゴ8匹、半シラメ8匹の合計16匹でした。
2020年3月17日釣果1.jpg
2020年3月17日釣果2.jpg
2020年3月17日釣果3.jpg

2020年3月15日、美山漁協管内、神崎川下流、釣行。

今日も友人3人と釣行しました。場所は片狩り堰堤下流を目指しましたが何時もの場所は空いていませんでした。仕方なく堰堤下に釣り座を構えました。先々週、釣っている所を見ていた方が場所を確保したようです。まあ、4人が入れる場所があったことで良しとしましょう。
今日の大物賞は26cmのアマゴですがよく見ると鱗が大きく、なんかニジマスとの交配種のような感じです。
2020年3月15日大物賞.jpg
綺麗なアマゴが17匹。
2020年3月15日釣果1.jpg
2020年3月15日釣果2.jpg
2020年3月15日釣果3.jpg
大物を入れて本日は18匹でした。
今日は珍しく半シラメがいませんでした。毎回今日の様であれば良いのですが・・・・・。

2020年3月12日、ゴルフ。

今日は月例の高校同窓生のコンペでした。場所は私の所属クラブです。先日来出ている「シャンク」を心配し、ラウンド前に練習場で確認しましたが何とか出ずに安心していました。ところがラウンド中にはやはり出てしまいます。体が回らず、手が先行してしまいます。イン49、アウト44のグロス93のラウンドでした。今年になってこれで90台が当たり前になってしまう。OB2発、シャンク3回、何とかしなければ・・・・。

2020年、3月9日、美山漁協管内、神崎川上流、釣行。

昨日は雨で少し物足りなさを感じたので連日の釣行です。昨日は入れなかった円原川に向かいました。一番好きなポイントに入ろうと朝3時半に家を出ました。霧が深くヘッドライトで前方が真っ白です。安全をキープしながら進み、山間に入るとウソのように霧が晴れました。狙い通り、好きなポイントに一番乗りです。昨日釣れてしまったのか魚信が薄いです。不思議なもので何時も同じポイントで釣れます。2時間ほどで9匹をゲット。神崎川上流部に向かいますが釣れません。朝誰かが釣行したあとなのか?。2.3か所回るが同じです。仕方なく上流部を諦め、神崎の街中の祢宜屋橋の下に移行、先行者がいましたが浅い瀬頭で何とか1匹、これで何とか「つ抜け」出来ました。
と言う訳で本日は綺麗なアマゴ5匹と半シラメが仲良く5匹の合計10匹でした。
あちらこちら場所移動で流石に疲れましたので11時で終了です。
3月9日釣果1.jpg
3月9日釣果2.jpg

2020年、3月8日、美山漁協管内、神崎川釣行。

今日は雨の予報ですが友人3人が行きたいとのことで釣行しました。上流域の成魚放流です。4人で釣り座を構えるには場所探しが大変です。先々週は神崎川が満員だったので比較的空いていた円原川に向かいました。なんとほとんどの放流場所は満員です。仕方なく神崎川上流に行ってみると何とか4人が入れる場所が空いていました。川を挟んで向き合って何とかなりそうです。この場所は初めてなので分かりません。私は川を渡り対岸から竿出しです。頭上に木の枝が張り出しているので6.2メーターの竿をたたみ、4.5メーター位にして何とかしゃがんで釣れば頭上の枝を交わせそうです。こうして始めましたが1匹目を釣り上げ、振り込むときにうっかり忘れて立ち上がったまま振り込むと見事に頭上の枝にラインが絡まりブレークです。ズームをタタミ、更に2本を短くしてあるため竿先が柔らかく、針の食い込みが弱く、バラシが多かったです。
雨に打たれながらの釣りで肌寒く11時前には心が折れました。
本日の釣果はアマゴ9匹、半シラメ6匹の計15匹でした。
3月8日釣果1.jpg
3月8日釣果2.jpg
なんか今年は半シラメが多い。入川料値上げになったのに・・・・。
この川は綺麗なアマゴが多かったのですが残念。
多分他の釣り人も満足していないと思う。

2020年、2月29日、馬瀬川上流解禁につき釣行。

本日馬瀬川上流が解禁です。明日には岐阜県下の各河川が解禁になります。馬瀬の解禁は3か所の前日放流です。漁協前は込み合うので今年も下流域の西村に向かいました。暗いうちに場所を確保するため、ヘッドランプを付けて昨年入った「ゆけむり橋」の下で釣り開始です。砂が入って少し浅くなっています。昨年は放流場所から下った魚が群れを成していましたが今日は様子が違います。この場所で2匹ゲットしたものの、あとが続きません。1時間ほど粘りましたが諦めます。今年は温暖化のせいか魚が下がらないと思い立ち、坂本橋の下流に移動しました。川を見ると昔の川相に戻っています。昔の思い出を辿り、ポイントを攻めると案の定入れ食いです。都合4か所のポイントを攻めて大漁です。さすがに馬瀬川のアマゴは大きい、最初、0.175で抜き上げの時、魚の重みでハリス切れになり、すかさず0.2に切り替えて釣りました。
綺麗なアマゴが23匹
2月29日釣果1.jpg
2月29日釣果2.jpg
2月29日釣果3.jpg
2月29日釣果4.jpg
半シラメ16匹
2月29日釣果5.jpg
2月29日釣果6.jpg
2月29日釣果7.jpg
合計39匹でした。

2020年2月27日、ゴルフ。

今日は高校時代の同窓生の月例コンペでした。場所は品野台ゴルフ場です。インスタートでティーショットが右の林にOB、打ち直しはセンター、残り110ヤードを乗らず寄らずの7打スタートです。左肩の痛みが治っておらず、苦しいラウンドでした。アイアンのソケットが激しく、100ヤード以内のアプローチショットでも出て、寄らず入らずの繰り返しで何とイン53、アウト51のグロス104のワーストレコードです。
順位は最下位、ニアピン1つでした。皆に笑われてしまいました。

2020年2月24日、美山漁協管内、神崎川釣行。

昨日に続いて連日の釣行です。昨日釣り残りを釣ろうと出かけました。夜が明けて第一投で釣れたのが写真のチビ助16cmでした。
今日は遠投を決め込み、ゼロ釣法の7メーターを用意しましたが竿が柔らかすぎて針掛かりが弱く、連続2匹のバラシ、その後1匹を追加するもあとが続かないので、竿を変え何時もの6.2メーターに変えました。下流を見に行きましたが魚が見えません。転々と場所を移動し、コテージ下に移りました。先行者に聞くと朝7時から粘っているが釣れないとのこと。ハリスを0.15に変えしばらく流していると魚信、ここで3匹をゲットしました。場所を移動するか思案していたら、強い引きで魚が掛かった。ハリスは0.15の細仕掛けなので慎重に寄せてタモに入れると大きい。昨日釣った24センチより大きめ。家に帰って計ってみると今年一番の25cmでした。これを入れて本日は6匹でした。連休とあって釣り人が多いのですが昨日の残りの魚は何処に行ってしまったのか?
2月24日釣果.jpg
2月24日大物賞.jpg
欲を出したのが悪かったのか?
不思議なことでした。

2020年2月23日、美山漁協管内、神崎川釣行。

今日は神崎川下流域での成魚放流日です。友人3人との釣行です。4人並んで釣り座を構えるには場所が限られます。解禁日不調だった堰堤下流の深みのある場所にしました。いつもならこの場所は比較的空いているのですが先着4人ほどが居ました。今日は雨も上がり良い天気になるという予報でしたが岐阜県に入ると雨が降って来ました。現地に着くと雨は止まず本降りに近い雨足です。一応合羽を着て川に行くと下流は場所が取ってありますが何とか4人は入れそうです。持参した薪を燃やし暖を取ります。明るくなるにつれて釣り人が押し寄せました。なんと20人ほどが来ました。解禁日には少し失敗をしましたので今日は念入りに行いました。
2月23日釣果1.jpg
2月23日釣果2.jpg
2月23日釣果3.jpg
何とか本日の釣果は合計22匹でした。
釣り落としが多かったのは針の大きさなのか?
悩むところです。
魚はまだたくさん残っていますがエサには食いつきません。時間がたてば・・・・。

2020年2月20日、美山漁協管内、神崎川釣行。

16日放流の残りを釣ろうと神崎川に出かけました。放流後4日めですから食いが渋いと思い一番奥の放流場所に入りました。暗い中何とか川が見える程度の明るさの中、第一投直ぐに掛かるが痛恨のバラシ、その後2匹をゲットし場所変えです。釣り人がチラリホラリト来ています。
神崎川を諦め、円原川にいく。ここで8匹をゲットする。その後1匹を掛けるが舟に入れようとした所、バランスを崩し手からスルリと落ちて川の中へ、浅い所だが逃げ足は速い、あっという間に流心へ・・・・。
2月20日釣果1.jpg
2月20日釣果2.jpg
何とかつ抜けの10匹でした。
写真のバットのサイズが24cmですから今日も大きいのが釣れました。
随分と釣り荒れた感じで食いが渋かった。

2020年2月18日、ゴルフ。

高校時代の友人と私の所属クラブの優待券を使ってのゴルフでした。昨年からの左肩の40肩がまだ治らず、バックスイングで痛みがあるのでフルショットは出来ません。アイアンショットで左手の引っ張りが緩み、右手に力が入るのでソケット気味に右に押し出すショットが出て苦労しました。朝のうちは雪がチラホラしていましたがスタート時には止みました。風が強く息吹き下ろしが肌に刺さるような寒さでした。アウト43、イン47のグロス90。今年2回目だが今一つと言った感じ。暖かくなるまでしばらく我慢です。

2020年2月16日、美山漁協管内、神崎川釣行。

雨の予報ですが成魚放流を行うとのことで釣行しました。自宅を4時に出発し現地着5時40分、雨の為釣り人が少ないと予測も大外れ、既に多くの釣り客が場所を確保していたため、入れず円原川に向かう、ここは放流時間が遅く、又水量が少ないので釣りにくい場所である。放流時間を待つ間、残りアマゴを釣ってみた。さすがに食いが渋いが何とが5匹をゲット。釣り方に工夫がいる・・・。
放流された時間は9時半過ぎ、今日は細仕掛けのせいか針を飲まれることが多く、1匹釣るごとに針の交換、雨に打たれて凍える手で交換する。時間が掛かる。
2月16日釣果3.jpg
2月16日釣果2.jpg
2月16日釣果1.jpg
何とか合計25匹の釣果でした。
アマゴ20匹、半シラメ5匹でした。
今日は20cm以上のアマゴは12匹、まずまずの手応えを感じさせて頂いた。

2020年2月10日、美山漁協管内、神崎川釣行。

寒い日となりますが昨日の釣り残しをと思い立ち、連日の釣行になりました。朝4時に自宅を出て、6時前に現地に着きました。同じ思いの人があちらこちらに車を停めています。昨日は入れなかつた上流部に行きますが空きがなく、円原川の最上部に行くと川に魚が見えます。支度をして竿を出しますがエサを見て逃げて行きます。ハリスを細くしてみますが同じです。渇水の為川の流れが緩く、釣れてくるのはカワムツばかり、昨日の場所に移動します。あんなに残したのに魚は見えません。思った以上に水深が無い。下流に移動しやっと1匹をゲット。魚は見えるがエサには見向きもしない。川虫を採取(黒皮虫、オニチョロ、キンパク)で流しても食わない。諦めて場所を移動。橋の下に4人が竿を出しているが最下流には入れそうなので竿を出す。この場所は今迄の場所と違い魚が多く見える。エサに頭を向ける魚が居るので根気にエサを流す。雪はだんだんと激しく降り出し、竿に雪が積もるほどになってきたので今日はこれまで。2時に終了とする。
今日の釣果は何とか「つ抜け」の11匹でした。
アマゴ5匹、半シラメ6匹
200210_165254.jpg200210_165314 (3).jpg

2020年2月9日、美山漁協管内、神崎川釣行。

いよいよ、美山漁協管内、渓流釣り解禁になりました。場所確保するため朝3時に自宅を友人3人と出発。現地に4時半頃到着も神崎に着くと雪が降って来ました。道路橋の上や日陰場所にはうっすらと積もっています。友人の車でタイヤはノーマルの為、目指す上流部には危ないので急遽引き返し、片狩り堰堤下に場所変えです。川を見に行くと河川改修のせいか川相が変わっています。少しヨドミのある場所に釣り座を決めました。しかしこの場所ではあまり釣れた記憶が無いのですが諦めました。河原で火を焚き暖を取りながら放流を待ちます。ここは下流域の最終放流場所の為、9時近くにやっと放流してくれましたが3人の場所にバケツで1杯だけの少ない放流でした。魚は見えるのだがエサを食わない。やっと釣れたのはお尻付近にスレで掛かってきた。恐らく食い物と確認の為、尻尾で叩いたのが針に掛ったのだろう。目の前にエサを流しても見向きもしない。やがて風が強くなり雪もちらつきだした。ラインが突風に巻き上げられ、上に張り出した木の枝に絡み、ラインブレークの繰り返し。持ってきたラインを使い果たし、友人が辞めると言うので私も諦めました。12時までの釣果は私が4匹。友人2人で6匹。計10匹の貧果でした。
帰宅後、釣った4匹を近所の釣り仲間(高齢で釣りをやめた)だつた人に初物として、写真も撮らずに進呈する。
漁協のホームページを見てみるとやはりイクラのエサでの釣果は少なく。平均10匹程度だったとありました。