2021年4月17日、馬瀬川上流、釣行。

漁協から豊年橋に成魚放流したとのメールが来ました。天気予報では午前6時には雨で昼過ぎから強い雨となっています。いつも午前中には納竿するので濡れるのを覚悟して釣行しました。何時の豊年橋の上の瀬です。昨晩放流後に釣っていた人の魚籠や浮舟が置いてあります。暗いうちに3匹釣りましたがサイズは少し小さ目です。5月には鮎の稚魚を放流するのでサイズを小さくしたのかも知れません。夜が明けると釣り人が増えたため、対岸の中州に移動しました。これが正解で浅い場所に寄せて釣りました。中には先週放流した残りの大物も釣りました。魚信が無くなりましたので下流に移動するため車によりクーラーに釣った魚を移すと19匹いました。下流に移動すると既に3人もの釣り人が並んでいました。此処を諦めて元の場所に戻りました。何人もの釣り人が去って一人だけになっていました。朝釣ったポイントには魚が居ました。此処で3匹追加したら、どこかで見ていたのかまた2人やって来ましたので又対岸の中州に移動し3匹追加しました。すると又2人が入って来ましたので時計を見ると9時30分を回っていました。雨も強くなり合羽の下も濡れてきましたので少し寒くなりましたので納竿することにしました。今日は合わせて25匹の釣果でした。何時ものように上呂の大安食堂で少し早めの昼食「トンちゃん定食」を食べて帰途につきました。
4月17日釣果1.jpg
4月17日釣果2.jpg
4月17日釣果3.jpg
4月17日釣果4.jpg
残り物の大物を家で腹を裂いたら川虫で真っ黒の胃が出てきました。
これで馬瀬川の成魚放流は終わりです。コロナの騒ぎが収まれば5月3日は馬瀬川アマゴ釣り大会がこの場所で開催されます。
大会終了後には又、帰りにホウバ寿司を買いに来ると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント